どうする?その薄毛の状態

日ごろから髪や頭皮のケア

薄毛に20代や30代になった男性の家系の血液を調査してみると、男性ホルモンの一種であるX染色体にあるアンドロゲンの受容体・遺伝子に突然変異が起こり、その結果毛が抜けやすくなったのではということです。

 

そしてXとYの2つの染色体(女性はXとX)を男性は持っており、母親からX染色体は受け継ぐものなので、母親側の男性の親戚でもし薄毛が多いのであれば、薄毛に将来なる可能性が高くなるかもしれないということになります。
また前頭部から頭頂部が男性の場合禿げる、または薄くなるという遺伝の可能性については、10代〜20代で薄くなり、そして30代には禿げてしまう方が 数%、さらに40代〜50代で薄毛になる方が20〜30%程度いるそうですが、遺伝にそれ以外はよるものではなく、他の要因も関係している可能性が高いというこ とです。

 

なので、薄毛や禿げが自分の家系にはいない、遺伝の心配はないからといって、髪を頻繁に染めたり、色々なその他頭皮に悪い影響を与えるようなことを 行っていれば、その結果薄毛になる可能性も出てくると思いますので、日ごろからもし薄毛のことが心配であるなら、髪や頭皮のケアを行うなど気遣ってあげることが大 切になってくると思います。
賛否両論ではありますが、薄毛は遺伝するのかという問題はまだその因果関係については解明されていないのが現状です。

 

要は必ず両親の髪が薄くても遺伝して、親が仮に20代で禿げたから子供も同じように20代で禿げる、薄毛になるというわけではないということです。

 

薄毛は遺伝するのではなく、遺伝は薄くなりやすい体質がするということはあるかもしれませんが、薄毛対策などにこの場合は取り組んでいくことによって、予防していくことはできると思います。
ただ「ハゲの遺伝子」というテーマにて、ドイツ大学の研究チームが米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号にて報告された内容をご説明します。

 

意外と知っているようで知らないのが薄毛改善であり、まず最初は基礎知識を勉強することが大切です。
何も知識を持っていない状態で薄毛改善を調べましても意味がありませんので、薄毛改善をインターネットで検索しましょう。